松田優 非公式Fan Site

撮影参加

『KATANA-MAN』 2005年10月10日

レポート


撮った中でも一番、俺的本領発揮なのが↑の写真。

あいにくの雨の中、でも兄貴は楽しそう。

幻の一枚。打ち合わせた刀、粉が舞ってるの見えます?これにこだわっていろいろやっていたんだけど…。というか多分確認できなかっただけで、ムービーの方にも写っていたんじゃないかな、と思う。

かっこええ〜〜〜。決めポーズ。

プチ感想など

スチールカメラマンで呼ばれていったはずが、ちょい役もらって出る羽目になったKATANA-MANです。ロケ現場は『ワープステーション江戸』。

14日も撮影にに参加してるんだけど、兄貴の写真がほとんどないので(というか兄貴の出番があまりない日だった…)
 スタッフの皆さん、本当に有り難うございました(o^^o)

『映画夢広場』 2000年10月4日

レポート


顔のアップばっかり撮ることになりそうだった(スペースがない)ので、出来るだけ仕草のある写真…と脳味噌が働いたのは最初だけ(^-^;)

松田さんが背負ってる背景は、ビデオレンタル屋のカウンターの中。 店長さんという役どころなのです。

この写真の辺り、松田さんの顔色の悪さが異常に気になっていた(^-^;) 何事もなくて良かった……。

考えているときに、下唇を噛み噛みする習性があるようですね。

撮った直後に、モニタでチェック。よく見ると、モニタの中にも。

何か気に入らないご様子

松田さんの笑顔につられて、写真撮りながら薄ら笑いするσ(^_^;)

朝方の方が寝ていないにも関わらずパワフルと言うか。松田さんほど朝の光が似合う人もいないよな、っと。

時間の経過に伴い、瞳の色は透明度を増し、瞳の光は鋭さが増す。 不眠不休の状態で、ナチュラルハイだっただけだったりして(^-^;)。
 終了間際(店の外に出てからね)、演出している松田さんは、そりゃ〜色っぽかったさ。<どこ見てんねん

背中に緑背負ってるのにあうよな〜〜

『カットぉっ!おっけーっ!』 (ここは若干ハイな松田さんでした(笑))

ガイアファンには嬉しい敬礼だっ!(逆手だけど)

プチ感想など

この作品松田さんは脚本&主演&監督なのです。

店の前での撮影、がんがん通る車。車止めに走ったのは“映画夢広場”主催のtoraさん&松田組親衛隊員ちあきさんでした。思わず体が動いたお二人。



無事撮影終了で食事です。横から撮ってみました。

「やられた!」な組長。空腹と疲労で物凄く素だった模様(笑)

 スタッフの皆さん、本当に有り難うございました(o^^o)

『愛殺2000』 2000年6月9日

レポート

“人質を取って、ボクシングジムに逃げ込んで乱闘?”とかいうようなストーリーのようです。ここはなに? なにはどこ? ってな感じで飛び交う広東語(じゃないかもしれない(-_-;))、理解不明。  そんななかで、監督の動きを見ながらアクションをしていく松田さん。あぁよかった、松田さんは日本語だ(爆)。

飛んでくる……FD?MO?をキャッチできず、数回お手玉を繰り返す松田さん。
見かねた監督がこうキャッチしてこうよ、と動きだけで説明、その後はすっぱりとキマってました。(最初から説明すればいいのに(爆))

アクションシーンの前には、怪我防止のためのサポーターを付けるようで、取ったとこ(笑)

松田さんが前に来ると、向こうが何も見えません(^-^;)でっかい背中だなぁ…

笑顔から一転、ふぅっと真剣な表情に。

この後、松田さんが『追えっ!』とかって叫ぶんだけど、マジで怖かった(^-^;)。

撮影現場のジムから外に出て、スタントシーンを見てます。

睫長いよなぁ……。

主役のスタントさんがベランダ(?)から飛び降りるシーンを撮影中。

数度繰り返しているうちに、さすがのスタントさんも『足が痛い(T_T)』って顔してました。

後ろにいるのは社長。

飛び降りて逃げた主役(役名解らないんです(^-^;))を追いかけて出てくる松田さん。

遅れて出てくる子分(舎弟?組員?)達。

プチ感想など

職場の社員旅行をぶっちしていたのが幸いして(核爆)、松田さんが現在撮影中の香港映画(正式タイトルが解りません(^-^;))のロケ見学をさせていただく事になりました。


子供のチャンバラ用の刀でアクションするのって、切ないです(^-^;)。 いまいちな血糊とか、いまいちな汗とか(爆)えぇんかいそれでっ!と言いたくなる事が沢山ありました(笑)。


盗み撮りしてたら気付かれました(爆)  貴重な体験、本当にありがとうございました。

Copyright (C) Cutie Beast. All Rights Reserved.