松田優 非公式Fan Site

2007年

仁義50 最終章

個人的感想

一ノ瀬 役

久しぶりに肝の小さいヤクザの役。もうちょっとキィキィ喋る感じにした方が、小物感増して良かったかもしれない。

 最後が結構見ものな終わりかたでした。笑ってしまった…。

 

県警強行殺人班 鬼哭の戦場

 

 

 

実録・九州ヤクザ抗争史 小倉戦争 完結編

個人的感想

江藤会田中組幹部 永田正人 役

ヤクザなのにいい人達(?)に恵まれる永田さん。

組長も、奥さんも、彼にはとても優しい人たちだったことを思わせる永田さんの涙がいいねぇ。

松田さんの「静」の演技、好きなんだ。
もちろんアクションしてるときの生き生きした瞳もいいのだけどね。

実録・九州ヤクザ抗争史 小倉戦争

個人的感想

江藤会田中組幹部 永田正人

刑務所の紹介ビデオみたいだわー。

今回はちょっと生真面目な感じの雰囲気。インテリってわけではなくてね。
ちょっと鈍くさいキャラのようで、状況を飲み込めなくてまばたきパチパチとか、わかりやすい芝居を挟んでる。
人を殺した後と前で目つきが違うのもいいねぇ…
「若い頃」の芝居がなかなか良かったなぁ。

主役らしい主役という脚本じゃないからか,そ松田さんの芝居が色々細かいところを演じてていいんだわ.
しっかし,ホモクローズアップしすぎ(笑)腹抱えて笑ったー。

 

実録 外道の群れ 流血の鎮魂歌

 

 

極道の紋章

 

 

首領の一族

 

 

西日本暴力地帯 実録山陰抗争 完結篇

個人的感想

明石輝男 役

前回と違ってアクション満載。ただ流れとしては、松田さんには珍しい展開だと思う。
傷の痛みに「たはーっ」となってる姿はなかなか見れないしね。だいたいいつも、何発撃たれてもけろっとしてるか死んじゃうかだし…(極端な話だ(笑))

今回は編集の気持ち悪さもなくて、すんなり見れた。

 

西日本暴力地帯 実録山陰抗争

個人的感想

明石輝男 役

引くべき場所を知っている、義に熱い男のよう(語りの中だけで映像としては出てこない)
少し抑え目な感じ。久しぶりに目だけで演技している芝居をみたような気がする。

作品としては、カット割りというか場面変更の間が気持ち悪い。意図的なもんなんだろうか??
もうすこし長い間が欲しいところが短く、すぱっと切ったほうがいいところが長い…
静止画でのナレーション多すぎのような気がするのも、多分カット割りが好みじゃないせいなんだろうなぁ。
メインの俳優が好みなだけに、なんだか残念な気分。

 

極道な月

 

 

 

新・首領への道

 

 

 

のぞき屋 NOZOKIYA

第7話 第8話 第9話
個人的感想

 正直なところ,別に松田さんである必要性を感じないキャラクターでした.

屈折した社会を創っているのは、個人のゆがんだ欲望である。主人公の見(ケン)(伊崎右典)の職業は依頼を受ければどんな人間の生活でも覗き、ターゲットの心の中も覗いてしまうプロの「のぞき屋」。新人のスマイル...

Copyright (C) Cutie Beast. All Rights Reserved.